井蛙内科開業医/診療録(2)

wellfrog2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 07日

駆出率の保持された心不全患者に対するイルベサルタン

駆出率の保持された心不全患者に対するイルベサルタン

Irbesartan in Patients with Heart Failure and Preserved Ejection Fraction

B.M. Massie and others

背 景
心不全患者の約半数では左室駆出率が 45%以上であるが,これらの患者の転帰を改善することが示されている治療法はない.われわれは,このような心不全患者に対するイルベサルタンの効果を検討した.
方 法
年齢が 60 歳以上で,ニューヨーク心臓協会(NYHA)の心機能分類で II~IV 度の心不全を有する,駆出率が 45%以上の患者 4,128 例を登録し,イルベサルタン 300 mg/日投与群とプラセボ投与群に無作為に割り付けた.主要複合転帰は,全死因死亡または心血管系の原因(心不全,心筋梗塞,不安定狭心症,不整脈,脳卒中)による入院とした.副次的転帰は,心不全による死亡または入院,全死因死亡および心血管系の原因による死亡,QOL などとした.
結 果
平均 49.5 ヵ月間の追跡中に,主要転帰は,イルベサルタン群の 742 例,プラセボ群の 763 例で発生した.主要転帰の発生率は,1,000 人年あたりイルベサルタン群 100.4,プラセボ群 105.4 であった(ハザード比 0.95,95%信頼区間 [CI] 0.86~1.05,P=0.35).全死亡率は,1,000 人年あたりイルベサルタン群 52.6,プラセボ群 52.3 であった(ハザード比 1.00,95% CI 0.88~1.14,P=0.98).主要転帰に寄与する心血管系の原因による入院率は,1,000 人年あたりイルベサルタン群 70.6,プラセボ群 74.3 であった(ハザード比 0.95,95% CI 0.85~1.08,P=0.44).事前に規定したほかの転帰には,有意差は認められなかった.
結 論
イルベサルタンにより,左室駆出率の保持された心不全患者の転帰は改善しなかった.(ClinicalTrials.gov 番号:NCT00095238)

<原文>
Irbesartan in Patients with Heart Failure and Preserved Ejection Fraction
http://content.nejm.org/cgi/content/short/359/23/2456
f0174087_233317.jpg

[PR]

by wellfrog2 | 2008-12-07 00:11 | 循環器科


<< 心不全とイルベサルタン      低用量ペグインターフェロンを用... >>