2008年 11月 20日

アトピー性皮膚炎と魚類摂取

アトピー性皮膚炎   乳児期早期の魚類摂取でリスクが低下
イェーテボリ大学(スウェーデン・イェーテボリ)小児科のBernt Alm博士らは,生後9か月以前の食事に魚類を取り入れるとアトピー性皮膚炎発症リスクを減らすことができるとArchives of Disease in Childhood(2008;オンライン版)に発表した。

発症率が急上昇
Alm博士は「ここ数十年,先進国におけるアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の発症率は急激に上昇している。
これには環境や食事が関与していると考えられる」と述べている。
 
同博士らは2003年3月にスウェーデン西部に生まれた生後6か月の乳児の親に,児の食事やアトピー性皮膚炎に関する質問票に回答してもらった。
また,小児が月齢12か月の時点で再度,質問調査を行った。
 
今回の調査で対象となった乳児約1万7,000例は,乳児の健康を長期的に経過観察している「スウェーデン西部の乳幼児」研究の参加者。
出生に関するデータおよび6か月時と12か月時の質問票2組は8,000世帯中5,000世帯から回収できた。
 

質問票の回答によると,全世帯の13%が生後6か月時点で一番末の児にアトピー性皮膚炎が発症したことを報告していたが,月齢12か月に達した時点では5人に1人が発症していた。
最初に症状が顕在化した平均月齢は4か月であった。

これは遺伝子の影響が大きいと考えられた。
同胞や母親がアトピー性皮膚炎の症状を有する乳児は,月齢12か月までにその影響を受ける可能性が倍増するという。
 
同博士らによると,母乳育児,乳製品を食事に取り入れるタイミング,毛足の長いペットを室内で飼っていることは発症リスクに影響を与えなかったという。
ペットを飼っていたのは5世帯に約1世帯であった。
 
しかし,月齢9か月までに食事に魚類を取り入れることでアトピー性皮膚炎の発症リスクは25%低下した。
また,鳥を飼うこととリスク低下との有意な相関も認められた。

出典 Medical Tribune 2008.11.13
版権 メディカル・トリビューン社


<コメント>
乳児期早期の魚類摂取がアトピー性皮膚炎の発症をを防ぐ。   
その機序を是非知りたいところです。


f0174087_8361773.jpg

ラウル・デュフィ オーケストラ ジクレー
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s101487206?u=;meiseiitou60
(以下サイトの中の説明です)
この作品は、デュフィの最も充実した時代に描かれた一連のオーケストラのシリーズに中でも、
極めて完成度の高い水彩画の傑作である。画面のほぼ中央の指揮者に向かい、左、右の弦楽器奏者の半円が
紫色の彩られたピアノを包むように上昇し、そのまま最上段へと緑の帯となって立ち上り、打楽器の音と
なって画面の隅々に響き渡る。左右に振り分けられた山吹色の鮮やかさが音楽的開放感を与え、様々な音色が
響きあうオーケストラの臨場感と絵画的な美しさが見事に調和しています。
[PR]

# by wellfrog2 | 2008-11-20 00:14 | アレルーギー科
2008年 11月 19日

低線量被曝と心疾患リスク

無視できない低線量被曝 心疾患リスクに影響
米国立がん研究所(NCI)のKiyohiko Mabuchi,Parveen Bhatti,Alice Sigurdsonの各博士は「放射線被曝によるがんリスクについては十分な報告があるが,低線量放射線の心血管疾患リスクに対する影響については,まだ多くの研究が必要である」とLancet(2008; 372: 697-699)に発表した。

難点は交絡因子の除外
例えば,乳がんの治療に用いられるような30〜40Gyを超える高線量の治療放射線が,心疾患リスクを増加させることは既に知られている。
しかし側弯症など,がん以外の特定の疾患に用いられる線量は,これよりはるかに低い。
そのなかで,心臓への被曝線量が1.6〜3.9Gyになる放射線療法を受けた消化性潰瘍の患者では,心疾患リスクが大幅に上昇するという用量反応関係のエビデンスがある。
英国における原子力産業の従事者を対象にした最近の研究でも,さらに低線量の被曝と心血管疾患リスクとの間に統計学的に有意な関連があることが判明した。
 
Mabuchi博士らは,低線量被曝の影響を効果的に評価することの困難さと,患者の心疾患の原因または原因の一部となりうる"交絡因子"を除外するという問題について述べている。
また,放射線は他の生物学的経路と同じ機序で損傷を引き起こす可能性があると指摘している。
例えば,アテローム動脈硬化症は炎症過程で血管内皮細胞の損傷を伴うが,これは放射線による組織への影響と共通の経路である可能性がある。
 
報告の最後で,同博士らは「放射線関連の心疾患リスクは放射線関連のがんリスクよりはるかに低いが,心疾患リスクについては未確定であるため,放射線被曝集団における莫大な数の心疾患患者を評価し始めるのは時期尚早である」と述べ,「現在実施中・計画中の放射線被曝集団の研究において,放射線と交絡因子の影響を見出すために,さらなる調査が必要である。
また,低線量放射線が心血管に及ぼす影響の生物学的機序を調べるには,新たな基礎実験が必要である。
低線量放射線の心血管疾患リスクに対する影響は難問で議論が続くと見られ,それは現在のがんリスクのLNT(linear no-threshold;無閾値直線関係)仮説に関する議論を超えるものになりそうだが,無視すべきではない」と結論付けている。

出典 Medical Tribune 2008.11.13
版権 メディカル・トリビューン社


<切り抜き帖>
日本医事新報 NO.4398 2008.8.9
エッセイ「クリーブランドの想い出」 名古屋セントラル病院長 斉藤英彦先生
(一部改変)
■クリーブランドはエリー湖に面した街である。
ジョージ・セル、ズービン・メータなどの名指揮者が育てたオーケストラ、クリーブランド・インディアンズや、クリーブランド・ブラウンズがあることでも知られている。
■緯度は函館市に近いので、冬は零下になるほど寒く、降雪も多い。
■北国なので、5月になるとマグノリア、ハナミズキ、桃、梅、ライラック、レンギョウなどの花々が一斉に咲き、とても奇麗である。
■Case Western Reserve大学の外来では多くの鎌状貧血、地中海貧血、G6PD欠乏症の患者をフォローしたし、病棟では通常の悪性リンパ腫とともにSezary症候群やmycosis fungoides の治療を行った。
■研究では、新しい血液凝固因子Fitzgerald因子(高分子キニノゲン)を発見できた。
■本年の6月には指導を受けたOscar D. Ratnoff博士が92歳で亡くなった。
一つの時代が終わりつつあるという感慨をもつこの頃である。
<関連サイト>
齋藤 英彦 病態内科学講座・分子細胞内科学・教授
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/eval/2001/13-1p01.html
Oscar D. Ratnoff (1916 - 2008)
http://www.hematology.org/education/legends/ratnoff/index.cfm
Oscar Ratnoff, 91, Expert on Blood Clots, Is Dead
http://www.nytimes.com/2008/06/06/health/06ratnoff.html?partner=rssnyt&emc=rss
Dr. Oscar Ratnoff, 91; blood clot specialist
ttp://www.boston.com/bostonglobe/obituaries/articles/2008/06/07/dr_oscar_ratnoff_91_blood_clot_specialist/
クリーブランド紹介
http://www.otasuke.com/clevshokai/index.html
■オハイオ州北端の都市、別名Forest City。
■オハイオ州クリーブランドは ガソリン・スタンドの創始者ロックフェラーを生んだ街。トーマス・エジソンも西方郊外(マイラン)で生まれている。
■大学院大学で有名なケース・ウェスタン・リザーブ大学(CWRU)があり、アメリカで最初のノーベル賞受賞者二人を生む。これまでに12人のノーベル賞受賞者を輩出している。
■未来のアメリカの気候温暖の最適都市は、 何とクリーブランドであるという。
■マグノリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/モクレン属
f0174087_7325669.jpg


<コメント>
私自身アメリカといえば、メキシコへ観光旅行に行った時、ロスに立ち寄って半日の観光をしたこととハワイに行ったぐらいで、本当のアメリカに行った事がありません。
恐らく今後も一生、渡米の機会はないと思っています。
しかし今年の春、我が子がアメリカへ短期留学(ジョンズホプキンス)したため、俄然関心を持つようになりました。
こういったエッセイからでもアメリカ医学や留学の空気が読めたら(KY)いいなと思っています。

KYといえば、ある週刊誌にある国の首相をKY(漢字が読めない)と書いていました。
[PR]

# by wellfrog2 | 2008-11-19 00:28 | 循環器科
2008年 11月 18日

急性虫垂炎の診断

急性虫垂炎については、以前にこのブログでとりあげました。

急性虫垂炎の診断
http://wellfrog.exblog.jp/6883879

私は、「帯状疱疹」「妊娠」と並んでしばしば診断を間違えやすい疾患として常日頃から肝に銘じています。
「フナ釣りに始まりフナ釣りに終わる」の感のある疾患です。

この前も、尿管結石の既往がある若い男性が腹痛を訴えて来院しました。
右下腹部に圧痛があるために虫垂炎を疑い、病院に紹介して事なきを得ました。
診断は壊死性虫垂炎でした。

患者のいうことを信じ過ぎても疑い過ぎてもいけないという教訓を得ました。


急性虫垂炎の的確な診断 依然として診察の重要性は揺るがず
急性虫垂炎の診断においては,現在でも医師による診察が決定的な意味を持っている。
聖クララ病院(バーゼル)外科のIda Montali博士らは「上腹部痛またはびまん性の腹痛が時間の経過とともに右下腹部へと移ってきたら,必ず虫垂炎を疑ってみるべきである」とSchweizerisches Medizin-Forum(2008; 8: 451-455)で解説した。

はっきりしない場合は経過観察
虫垂炎の典型的症状としてはほかに悪心があり,便秘が認められることも多い。
マックバーニー点の圧痛も虫垂炎を示唆しているが,疼痛部位は虫垂の位置次第で,この位置にはかなりの個人差があることに注意する必要がある。
さらに,虫垂炎では腹膜刺激症状(板状硬,叩打痛,反跳痛)と腸腰筋微候陽性も認められる。
 
虫垂炎患者では,腋下体温より直腸体温のほうが0.5〜1.0℃高いことがあるが,必ずしもそうとは言い切れない。
また,大半の患者で白血球数とC反応性蛋白(CRP)値が上昇しているが,例外も存在する。
したがって,白血球増多のみを手がかりとして手術の適応を決定すべきではない。
 
臨床上,急性虫垂炎が疑われる患者において,超音波検査で同心円状の特徴的な虫垂像が描出されるか,
(1)プローブで圧迫してもつぶれない
(2)虫垂内腔が低エコーである
(3)虫垂の径が8mmを超えている
−といった所見が得られれば,虫垂炎である可能性が高い。
 
しかし,正常な虫垂は超音波では描出されないことも多く,肥満患者の場合にも同検査はあまり役に立たない。
CT検査は感度,特異度ともに98%と有用である。
ただし,日常的な検査法としてルーチンに使用する診断法ではない。
 
Montali博士は「虫垂炎かどうかがはっきりしない場合には,患者を入院させて臨床症状と臨床化学検査値を頻回にチェックしながら,経過観察を行うべきである」と指摘している。
患者の約3分の1では疼痛が自然に消失するため,不要な虫垂摘出術の施行件数を減らすことができるという。
診断法が進歩した今日でも,誤診率は約5%にのぼる。
 
急性虫垂炎治療における第一選択は今なお虫垂摘出術である。
抗菌薬療法の効果は実証されておらず,まず最初に保存的治療を受けた患者の多くが結局は手術を余儀なくされている。そ
れでは,炎症を生じた虫垂は直ちに切除すべきなのだろうか。
この点について,同博士は「最初に疼痛が発現してからの経過時間が重要であり,その時間次第では手術を数時間遅らせても穿孔リスクは上昇しない」と述べている。
 
さらに,術式に関して,開腹術と腹腔鏡下手術のいずれを選択するかは術者の経験次第である。
というのも,少なくとも現時点では腹腔鏡的手技の優位性は明確には証明されておらず,いずれの方法でも得られる成績は同等であるからである。
同博士は,臨床的に判然としない点がある患者に対しては,同時に術中検査を行える腹腔鏡的手技を優先しているという。

出典 Medical Tribune 2008.11.13
版権 メディカル・トリビューン社


f0174087_8362856.jpg

三塩清巳 油彩6号『夕映』
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x53997971


<きょうの一曲> "翼の折れたエンジェル"
中村あゆみ・翼の折れたエンジェル
http://jp.youtube.com/watch?v=lXKnNOXUJv4

http://jp.youtube.com/watch?v=236XTggQsZw&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=Ul1Y8Z4zwB0&feature=related


<自遊時間>
日本医事新報 NO.4280 (2006.5.26)の巻頭の「プラタナス」で国立長寿医療センターの大島伸一総長が「医者が尊敬されなくなった理由」というタイトルでエッセイを書いてみえます。

『100%を求める患者と100%を保証できない医師。
そのジレンマをどう埋めるか。
結果責任を法や金で清算するやり方では溝は広がるばかりだろう。
医師が尊敬されなくなったのは、個と社会との関係やバランス感覚の欠如、複雑な生命体であるひとを総体としてみるという視野の欠落などを背景に、医師・患者関係の基本である「信頼」という意味や価値がわからなくなったからではないか。』

と結論づけています。

医療訴訟やモンスター患者を、総長としての立場で体験してのエッセイと思います。
昔と比べて。尊敬されているかされていないかは私自身何とも判断できません。
幸い医療訴訟に巻き込まれた経験はありませんが、モンスター患者が増えているのは実感しています。
先生方の感想はいかがでしょうか。


読んでいただいてありがとうございます。
コメントお待ちしています。
他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞくhttp://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
井蛙内科開業医/診療録http://wellfrog.exblog.jp/ (内科関係の専門的な内容)
[PR]

# by wellfrog2 | 2008-11-18 00:10 | 感染症
2008年 11月 17日

睡眠時間と高齢女性の転倒リスク

睡眠時間が短い高齢女性は転倒リスクが高
カリフォルニア太平洋医療センター研究所(サンフランシスコ)のKatie L. Stone博士らは,70歳以上の女性2,978例を対象に睡眠と転倒の関係を検討した結果,睡眠時間が5時間以下の女性は,7〜8時間以上の女性に比べ転倒リスクが高いとArchives of Internal Medicine(2008; 168: 1768-1775)に発表した。

睡眠の時間と質が影響
転倒は高齢者の健康を損ねる大きな要因で,死亡,罹病さらに施設への早期入所をもたらす大きな原因である。
毎年,65歳以上の高齢者の約3分の1が転倒しているという。
近年,高齢者の不眠や睡眠障害が増えており,ベンゾジアゼピン系薬の使用も増加しているが,睡眠薬の処方を受ける高齢者で転倒リスクが上昇するのは,睡眠不足によるのか,あるいは睡眠障害の治療薬に起因するのかは不明であった。
 
Stone博士らは70歳以上の女性2,978例について,アクチグラフィー(手首に装着して活動量と睡眠を測定する器具)と睡眠日誌を用いて,睡眠,睡眠効率(床に入っている時間のうち実際に眠っている時間が占める割合)と転倒の頻度を検討した。
また,アンケートを行い,人口統計学的な情報とベンゾジアゼピン系薬の使用状況を調査した。
 
被験者の夜間睡眠時間は平均6.8時間で,就寝から入眠までは平均77.2分を要していた。睡眠データの収集開始後1年間の平均転倒回数は0.84回であった。549例(18.4%)は,調査開始後の1年間に2回以上転倒した。
 
1年に2回以上転倒するリスクは,睡眠時間が5時間未満の女性のほうが7〜8時間以上の女性より高かった。
睡眠効率が70%未満の女性は70%以上の女性に比べ転倒リスクが1.36倍高く,また就寝から入眠までの時間が長い(120分以上)女性は120分未満の女性に比べ,同リスクが1.33倍高かった。
 
また,214例(7.2%)がベンゾジアセピン系薬を使用中であると回答した。
短時間型および長時間型を合わせた同薬の使用は1.34倍の転倒リスクと相関し,短時間型のみでは1.43倍,長時間型のみでは1.18倍のオッズ比と相関が認められた。
 
同博士らは「不眠に対する新世代薬剤や不眠に対する行動療法が転倒リスクに及ぼす影響を明らかにするには,ランダム化比較試験などの臨床試験を行う必要がある」と述べている。
さらに睡眠に対する包括的で客観性の高い指標を用いて,睡眠障害の各種要因(睡眠時呼吸障害,低酸素症,睡眠時間と睡眠分断の指標など)の相互作用を検討し,これらの要因が転倒リスクに及ぼす影響を明らかにする必要性も強調した。

出典 Medical Tribune 2008.11.13
版権 メディカル・トリビューン社


f0174087_20551499.jpg

世界糖尿病デーの14日夜、ブルーにライトアップされた名古屋城=名古屋市中区
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/081114/trd0811142349013-p10.htm


f0174087_20581241.jpg
 
 青色にライトアップされた東寺の五重塔=14日午後6時18分、京都市南区(撮影・柿平博文)
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/081114/trd0811142349013-p1.htm


f0174087_2059493.jpg
 
青色にライトアップされた東寺の五重塔=14日午後7時36分、京都市南区(撮影・柿平博文)
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/081114/trd0811142349013-
p2.htm

読んでいただいてありがとうございます。
コメントお待ちしています。
他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞくhttp://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
井蛙内科開業医/診療録http://wellfrog.exblog.jp/
(内科関係の専門的な内容)

[PR]

# by wellfrog2 | 2008-11-17 00:14 | 未分類
2008年 11月 16日

2型糖尿病患者とHb値

2型糖尿病患者の多くでHb値が低下 貧血の予防・管理方法に重要な示唆
メルボルン大学(オーストラリア・メルボルン)と提携しているMerlin C. Thomas博士らによる研究で,2 型糖尿病患者におけるヘモグロビン(Hb)値の推移が検討された。
その結果は,糖尿病患者における合理的な貧血予防・管理方法の開発に重要な示唆を与えるものとなる。詳細は米国腎臓財団(NKF)のAmerican Journal of Kidney Disease(2006; 48: 537-545)に発表された。

腎疾患患者よりも低下
慢性貧血が多くの糖尿病患者に見られることは,複数の研究で示されている。
糖尿病患者の貧血有病率は慢性腎疾患を併発している非糖尿病患者と比べて高く,また貧血をより早期に発症することも報告されている。
糖尿病患者では,著しい腎障害がなくても腎性貧血が起こりうる。
Hb値が低下している糖尿病患者では,入院や早期死亡など不良なアウトカムに至るリスクも上昇することが知られている。
このリスク上昇は,糖尿病性腎症の合併や重症度とは無関係である。

同一の糖尿病クリニックに通院している2型糖尿病患者(503例)を5年間追跡した今回の前向きコホート研究で,被験者のHb値は全体的に1年で0.07g/dL低下することが示された。
糖尿病患者では,10年以上前に始まった血管の障害が進行した結果として貧血が起こると考えられる。
試験開始前に貧血が見られた被験者は12%であったが,5 年間のフォローアップ期間中さらに13%で貧血が発現した。
研究期間中にHb値の変動に対する介入は行われなかった。
Hb値の低下が最も大きかったのは,試験開始前にマクロアルブミン尿,腎障害,または大血管疾患が診断されていた患者であった。
試験開始前の腎障害がHb値低下の最も大きな危険因子であった。

細小血管疾患患者では,糸球体濾過値(GFR)の低下とともにHb値が低下していた。
GFRが90mL/分/1.73m2以上の患者や尿アルブミンが正常な患者では,5 年間のフォローアップ期間中もHb値は安定していた。
従来の方法で管理された貧血の被験者のHb値は1年で0.09g/dL低下した。
この低下はHbA1c値と関連していたが,腎機能とは関連しなかった。

尿アルブミン値が高い患者,腎障害または大血管疾患を合併する患者,高齢患者の3人に1人以上でHb値の低下が見られた。
Thomas博士らは,腎機能や尿アルブミンが正常な患者のスクリーニングはあまり意味がないであろうとしている。


貧血治療で意見分かれる
糖尿病患者が貧血を発症した場合の対処方法については意見が分かれている。
貧血が是正されれば,神経機能や運動耐性が改善される。
糖尿病と心不全を合併する患者でエリスロポエチンを使用すると,入院期間の短縮や心機能分類の改善が期待できる。
しかし,高血圧や末梢血管抵抗の増加といったエリスロポエチンやアナログ製剤による有害な作用が発現する恐れもある。
貧血是正の便益を検討した過去の複数の大規模臨床試験では,決定的な結果は得られなかった。

Thomas博士は現在,このテーマで大規模臨床試験を行っている。
同博士はNature Clinical Practice Nephrology(2007; 3: 20-30)で「糖尿病における貧血リスクの上昇は,糖尿病性腎症に伴う尿細管間質の変化を反映するものと考えられる。
尿細管間質が傷害を受けると,正常な造血機能に不可欠な間質線維芽細胞,毛細血管,尿細管細胞の間のデリケートな相互作用が阻害される。
特に,腎でのエリスロポエチン合成とHb値の関連が切断されてしまうことが,貧血を発症させる重要な因子であると思われる。
全身性の炎症,造血機能の低下,エリスロポエチン抵抗性,赤血球生存期間の短縮も,腎調整力低下を背景とした貧血を促進する」と述べている。

糖尿病性腎症,高齢,大血管疾患などの危険因子を持つ患者では,年に1回あるいは2年に1回のスクリーニングで貧血の早期発見が可能となる。


http://mtpro.medical-tribune.co.jp/article/view?phrase=腎性貧血&perpage=0&order=0&page=0&id=M4023291&year=2007&type=allround出典 Medical Tribune 2007.6.7
版権 メディカル・トリビューン社

[PR]

# by wellfrog2 | 2008-11-16 00:09 | 糖尿病